infobuild.jp

Infobuild.jp

2021-04-27
カローラスポーツGR、2022年夏に発売って本気で信じて良いですか?
画像引用元
https://bestcarweb.jp/backnumber/276202

情報が正確になりつつあるカローラスポーツのハイパワーモデルに関する雑誌ベストカーからのスクープ記事。昨日発売されたベストカーのトップ記事を読む限り、発売はほぼ確定的な印象を受けた。

記事の詳細はネット上では未公開の段階なので、私が勝手に書くとヤバいのでネットで書かれている情報だけに絞って取り上げると、

・GRヤリスと同じエンジン1.6リッターで300psも発揮
・GRMN(販売台数限定)ではなくGR(販売台数制限なし)
・4ドア(5ドア)維持
・オーバーフェンダー(予想CGから)

当然6MTモデルのみの設定という。いずれはATモデルも出るかもしれないが、6MTモデルとして発売するのが個人的に猛烈に嬉しい。

ベストカーが描く予想CGは、いつも魅力的なデザインで描かれていることが多く、実際のデザインのほうが劣ることが多いので鵜呑みにはできないものの、きっと実車も期待を裏切ることはなさそうである。

正直、次期シビックハッチバックのデザインより、カローラスポーツのデザインほうが圧倒的に好みだし、全幅1810mmはかなり大きいが、全長4400m前後で収まるのなら自宅車庫にも全く問題なく入庫できるサイズ感も申し分ない。

気になる燃料タンクも、現行のカローラスポーツのガソリンモデルが50リットルなので、これを下回ることはないと見て良さそうだ。

これまで噂だけで本当に発売されるのか、半信半疑だったが、先日のマガジンXの情報と合わせて、やっぱり発売されない、なんて確率はないとみて良さそうだ。

もう1点気になるのはタイヤサイズ。18インチでも十分大きいと個人的には思うのだが、現行GZグレードですら18インチタイヤ装着しているため、GRモデルは19インチ以上になるのは間違いなさそうだ。

19インチ。正直デカすぎる。19インチに適合するタイヤ代はバカ高い。燃費だってGRヤリスから予想しても街乗りでせいぜい10km/Lと思われる。コルトと比べて明らかに不経済車なのは確実だ。

でも、欲しい。

少なくともランサーエボリューションVIIIよりは経済性に優れているはずだ。

あと細かい点だが、5人乗りを維持してくれるかどうか。

シビックタイプRは4人乗り仕様となっている。カローラスポーツGRは5人乗り仕様をキープしてほしい。

確実に2022年夏に発売が実行されるのであれば、遅くとも2022年1月の時点になれば、もう少し具体的な情報が公式に出回るかもしれない。車検前までに公式に出れくれれば、マイカー車検を頑張って通過させて、発売を待つのも選択すべきなのかもしれない。

せっかく車を買うのなら、心からほしい車を買いたい。

今後もシビックハッチバックの動向を見ながら、心が揺れ動く日々を過ごすことになりそうだ。
インフォビルドブログ 国道走行リスト 作者プロフィール マイカー全給油記録 所持運転免許紹介
給油日 2021年09月26日
給油場所 東京都大田区
種別 セルフ
給油量 38.33リットル
単価1L 157円(税込)
累計走行距離 299581km
累計給油量 19898.9L
累計平均単価 145円/L
累計燃費 15.06km/L
累計金額費 2885611円
給油記録 全件表示