infobuild.jp

Infobuild.jp

2021-08-11
ワクチン1回目接種完了、大田区産業プラザ(PiO)対応スムーズ
昨日、大田区が8月10日から運用開始した大規模接種会場「大田区産業プラザ(PiO)」に出向いて、ワクチンを接種(モデルナ)を受けてきた。

運用開始初日の2組(10時30分予約)だったため、多少接種するまで手間取る可能性を疑いながらの訪問だったが、スタッフさんの事前リハーサルがしっかり行われていたようで、非常にスムーズに接種が終了した。

10時15分に会場に到着。会場入口でカメラによる検温、その後、10時30分予約者を順次所定の座席に誘導。

着座したら、スタッフが一人ひとりの問診票と身分証明書で本人確認実施開始。10時30分になると先頭列から順番に受付開始。

受付後、フォーク式で1列に並び、順次複数ある医師による問診。30秒ほどの問診が終了すると、ワクチン接種ブースに移動。

こちらもフォーク式で並んで待つ。10ほどある接種スペースで順次接種完了した順に誘導され、接種ブースに入ると、最後に名前と生年月日を聞かれ、最終本人確認。そして接種実施。

問診は医師が、ワクチン接種は看護師が行っていた。

接種が終わると、問診で問題ない人は15分待機する座席に移動。座席は横に11席単位で10列ほどのスペース。1列単位にタイマーが設置されていて、15分経過するとアラームが鳴る。アラームが鳴ったら、該当列の人は帰宅可能となるシステムだった。

接種遅延もなく、時間通りにすべての工程が終了した。驚くほどスムーズに進んだため、30分単位の予約者全員が時間内に接種完了したと思われる。

会場スタッフさんの適切な誘導ももちろんだが、私たち接種側も全員スムーズだった。

おそらく8月10日で予約で来場している人は、私を含め、予約開始当日の午前中に予約を済ませた人たちであり、ワクチン接種に前向きな人が揃っていたのも要因ではないかと分析している。

問診票未記載の人もゼロだったし、記入漏れで指摘されていた人も私の見る限り一人もいなかった。接種者側もスムーズにスタッフの指示に従って動いたのもあったのかもしれない。

接種して一夜明けたが、今のところ、副作用といえるのは接種した左腕上腕部の部分筋肉痛のみとなっている。

左腕を高く上げると陣痛する。寝返りで左肩が下側になると圧迫痛がある。その程度で済んでいる。

モデルナは2回目接種で高熱なる確率が75%と言われているため、2回目接種後の副反応は覚悟しているが、1回目の翌日の現段階では部分筋肉痛以外は特段問題なく過ごせている。

ツイッターを見ていると、1回目のワクチン接種で高熱に悩まされている人を発見したが、1回目接種で高熱が出る人は、過去新型コロナウイルスに感染していた可能性が考えられる。

若い人で1回目で高熱が出る場合は、もしかしたら過去無症状感染していた可能性が高い。もちろん全員必ずそうゆうわけではないが、数日高熱が続くレベルの人はかなり可能性が高いと疑ったほうが良さそうだ。

感染歴がある人がワクチン接種すると、1回目のワクチン接種だけで感染歴のない人の2回目接種と同等以上の反応が出ている報告が目立つ。

ワクチン接種に対する副反応を恐れて、ワクチン接種しないと宣言している人たちに伝えたい。

副反応リスクとコロナ感染へのリスクとどちらが怖いですか?

目の前の小さなリスクと、感染した際の大きなリスク。今のゼロリスクを優先してトータルリスク回避のためにワクチン接種しない判断を下すのは愚かな考えだと個人的には思っている。
インフォビルドブログ 国道走行リスト 作者プロフィール マイカー全給油記録 所持運転免許紹介
給油日 2021年09月26日
給油場所 東京都大田区
種別 セルフ
給油量 38.33リットル
単価1L 157円(税込)
累計走行距離 299581km
累計給油量 19898.9L
累計平均単価 145円/L
累計燃費 15.06km/L
累計金額費 2885611円
給油記録 全件表示